オタマトーン

オタマトーンという楽器があるのをご存知でしょうか?


電子おたまじゃくし・オタマトーン【明和電機】

楽器と呼ぶべきなのか、おもちゃと呼ぶべきなのか分からないのですが、自在に音程を変化させて音を出すことができるので、楽器と言って良いと思います。

オタマトーンの種類

オタマトーンには、従来の通常モデルに加えて、2012年5月にはデラックス(DX)というモデルも追加されました。こちらは大きさが大きくなって弾きやすさがアップしています。

色がたくさんあるので、好みに合わせて選ぶのも楽しいと思います。

そして、キャラクターものというのがあります。現在発売されているのがくまモンモデルです。くまモン、本当に仕事を選びませんね。

オタマトーン くまモン Ver.

それから、先日発売が発表されたのがカービィモデル。こちらもとっても可愛らしいです。


キューブ 星のカービィ オタマトーン カービィVer. 【5月予約】

オタマトーンの使い方

オタマトーンは、おたまじゃくしのような形をしています。丸い、卵のような形状をした本体があり、そこから棒が伸びています。

本体には可愛らしい顔が書かれていて、横を押すと、口が開いて声が出ます。人の声に近い音です。

口の開き具合によって、ほわわわわーんと音がコントロールできます。口を大きく開いて、手の平を当てたり離したりすると、ほわわわわーんという声が出せると思うのですが、まさにそんな感じです。

そして、棒の部分で音程をコントロールします。これはヴァイオリンに似ていますね。

プロのヴァイオリニストによる演奏動画があったので、ご紹介します。
プロの腕をもってしても、音程が不安定です。
しかし、その不安定さがどこか魅力的なのですね。