iPhoneのバッテリー診断

私が使っているiPhone 7のバッテリー、徐々に満充電からの減りが気になるようになってきました。

確か、発売日に公式サイトから購入したと思うので、購入したのは2016年の9月ということになります。

1年半ほどは使っていることになりますね。

直近のiOSのアップデートで、バッテリーの性能が診断できるようになったのをご存知でしょうか?

設定の中に「バッテリー」というところがあるのでタップすると「バッテリーの状態(ベータ)」というメニューがあります。

この中の、

これです。

これを見ると、私のiPhoneは最大容量が83%になっていました。

公式サイトによれば、
─────────────────
通常のバッテリーは、通常の条件下で使用された場合、フル充電サイクルを 500 回繰り返した後も本来の蓄電容量の最大 80% を維持するよう設計されています。
─────────────────
https://support.apple.com/ja-jp/HT208387

とのこと。先述の通り、私が今のiPhoneを購入したのが2016年9月ですから、1日1回充電したとしたら、もう500回は超えているんですね。

なのでまあ、普通には頑張ってくれたということでしょうか。

スマホの性能としても、容量の残りも全然問題ない状態なので、ここらで一度バッテリー交換をするのが良いのかもしれませんね。

─────────────────
* 2018 年 12 月 31 日までの間、対象となる iPhone 6 以降のモデルの保証対象外バッテリーサービス料金を 3,200 円とさせていただきます。なお、3,200 円にてバッテリーサービスを受けられるのは iPhone 1 台につき 1 回限りとさせていただく場合があります。
─────────────────
https://support.apple.com/ja-jp/iphone/repair/service/pricing

とのことなので、今年中に一度、アップルストア(って今は言わないんでしたっけ?)に足を運んでみようかなと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする