Oakley スパム

今回は詐欺と思われる通販サイトへの注意喚起です。(「スパム」とは、インターネットやメールで行われる迷惑行為のことです)

レイバンスパムというものをご存知でしょうか?

Facebookのアカウントが勝手に利用されて、サングラスブランドであるRay-Banの偽物を販売するサイトに誘導する広告を意図せずに発信してしまうというものです。

私も一時期Facebookで色々なアプリを入れていた時期があり、そのときにこの被害に会いました。

偽物を買ってしまったわけではなく、偽物販売を促す広告としてアカウントが利用されてしまったということです。

具体的には、イベントに招待するという形で、友人招待が送られていたようです。それがどんな内容なのか自分では確認できず、気持ちが悪いものでした。

調べてみると、Facebookだけでなくmixiでも同様のことがあったようです。

そして今、今度は、Oakley(オークリー)を語って同じ手口のスパム行為が行われています。

メールをチェックしたら、mixiにメッセージが来ているという通知が来ていて、ここ1年くらい使っていないのになにだろうと思ったら、2件とも、Oakleyの宣伝をする内容でした。

こんな感じです。

リンク先のURLは本当にサングラスを販売している感じで、80%オフくらいで商品がたくさん並んでいました。

一見すると、本物と思ってしまいそうな出来です。

そもそものメッセージ内容が怪しかったわけですが、知り合いから送られてきたというので信用してしまう方もいらっしゃるかもしれません。

まず、SNSのアカウントというのは乗っ取って不正に使われることがあるものだと知ることが大切だと思います。

それから、少しでも怪しいと思ったら、リンク先のサイトでも確認できることがあります。

  • 公式サイトなら、URLにブランド名が入っているか
  • 利用規約がしっかりしているか
  • 運営会社の情報がきちんと掲載されているか

今回のリンク先のサイトでは、URLにoakleyの文字は入っていませんでした(「oaktsuns」という紛らわしい文字が入っていましたが・・・)。

利用規約はこんな文章で始まっています。

私たちのサイト、あなたの信頼性の高いオンライン市場へようこそ。確認してください 株式会社サイトのご利用を支配する基本的なルールを以下に示します。

もはや、日本語の分かる「人間」が書いたのではない、機械で翻訳したと思われる超不自然な文章です。

いくらなんでも、ブランドの公式サイトでこんな拙い文章を公開することはないですよね。

そして、運営会社の情報にいたっては、どこにも掲載されている気配がありません。普通なら、会社名と会社の所在地、代表者の方の氏名くらいは書かれているものです。

本当のOakley(オークリー)公式サイトはこちらです。購入するならこちらです。

http://jp.oakley.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする